FC2ブログ
今日は、次女宅・蕎麦店・ホームセンター・スーパーに行った後、
午後3時過ぎから、金曜日に粗大ごみで持ち込む物を2階から下ろした。

こんなに、うちの車に乗るのだろうか・・・?

    sIMG_9399.jpg

最初は夫婦2人でスタートしたのに、子供が3人育てて、こんなになってしまい、
まだまだ捨ててない物が沢山あるのさ。

どうしたもんだか・・・。


スポンサーサイト
今日は、 次女宅に荷物とバレンタインデー(遅い)を運びに行った。
それと、イスラエル・ヨルダン土産もね。

前にも書いたが、 三女宅の新築と共に、娘達の完全独立を目指し、
また4月の 長女一家の一時帰国時に
一族が全員宿泊できるような環境を作る為、ゴタゴタ・バタバタ片づけをやっている。

次女のお気に入りのマンガ本もたくさんあるし、独身時代の物も見つけたりする。
そんな物を次女宅に運んだってわけ。

たまたま、 次女と孫・ ウニまろが歯医者で留守。
次女の夫・ セタボンと マシュまろだけしかいないので、
荷物だけおいて帰る事になっていた。


実は、次女宅がある地域は、蕎麦ランキング上位の店が多く、
今回は荷物運び&置くだけなので、もう1つ蕎麦を食べるという目的が出来た。

そんな訳で、とうとう1位の店。ずっと行きたかった憧れの蕎麦店に行く事になった。

荷物を次女宅に置いた後、50分も早めに蕎麦店に到着したので、
近くをウロウロしていた。
蕎麦店は親切で、我々夫婦の為なのか?30分も早く開店してくれたみたい。
お婆ちゃんの店員さん?(先代の配偶者?)が一生懸命、接客してくれたので、
とても好感が持てた。

夫は普通の蕎麦の天せいろ、 やぼちんは田舎蕎麦の天せいろを頼んだ。
好みのせいだと思うが、一口貰って食べた夫の普通の蕎麦がやたら美味しく感じた。
天ぷらもサクサク・カラリと揚がっていて、とても美味しかったし、
季節感もあったので、すごく良かった。
麺つゆも美味しかったが・・・。

残念なのはコスパが悪い事。

蕎麦も麺つゆも、<やぼちん家・蕎麦ランキング>暫定1位の店と同じ傾向。
ちょっとだけ、今日の店が上かな~?僅差だなぁ~。
だとしたら・・・・。
う~ん、コスパが良いので暫定1位は、そのままかしら。
なんせ家から近いしね・・・・。困ったわ・・・・。

       sIMG_9394.jpg
 手前のワラビは、お婆ちゃんのオマケ。昨年遠くまで行って収穫したものらしい。


今日は憧れの店に行けただけで幸せ、最高だった!


昨日(金曜日)、夕食を作ろうとしていたら 義姉さんから電話が来た。

水曜日、姑がDICとやらになったという話を聞いたが、
パソコン検索&直感で、予後が悪い状況になったと思ったが、
看取りは、施設の方でやってくれると疑わなかった。

ところが、 義姉さんが施設に行ったら、施設の医師に呼び出され、
自分も施設の看護師も、ここで老衰の人は看取っているが、
DICのケースは初めてなので、どう対処して良いのか分からないと言われ、
セカンドオピニオンを盛んに勧められたそうだ。

どういう形で症状が出るかも分からないし、夜勤の看護師も対処も出来ないと
1時間近くも話されたらしい。
血液内科に行ってみてはと言われたみたい。

それで義姉さんは、
「義理の妹(やぼちん)のお姉さん(ニャンちゃん)が医師なので聞いてみます。」って事で
話を終わらせて帰宅したそうだ。


義姉さんは、このような状態で悪くなって行くと最後は苦しむのか?
そういう状態になったら、施設では対処出来ないのかを知りたがっていた。

義姉さんも 夫も やぼちんも、ここで何とかならないかと思っていた。
前にも書いたが、そこの施設の優しいスタッフに最期を看取って貰えるのが、
姑にとって最高の幸せだと信じていたから、みんな、そこに固執していた。



夜11時頃、ようやく、姉・ ニャンちゃんと連絡が付いた。
質問をしたら、痒い所に手が届くような回答を貰えた。

①どこが出血するか分からないので、施設では無理。
②ガンからDICになったのなら絶望的だが、それ以外の基礎疾患が原因なら、
  基礎疾患の治療が出来たら、DICの数値も良くなって来る可能性がある。
③緊急を要する状態だから、外来からという状況ではない。
④施設の医師から血液内科がある医療機関に直接入院出来るように
  アクションして貰った方が良い。


施設に固執していたが、第三者にバサリと切られたら諦めがついた。
サクサクと分かり易い説明だったので、おバカの やぼちんでも分かった。

今日の午後、この話を 義姉さんにしたら、納得してくれた。

月曜日、義姉さんが血液内科がある市立病院に何とか入院出来るように
施設側に依頼する方向になった。
(施設の医師は、あまりパワーが無い人みたい。
目指している私立病院には連携室があるので、そこを通せば良いのかな?



人間では無い が、専門家の意見は、とても大切で有難いと思ったよー。




さっき 義姉さんから電話が来た。

姑の足に紫斑が出ているので血液検査をしたら、
血小板の数値が下がっていると言われた。

病名は、播種性血管内凝固症候群(dic)。
調べてみても難しいのさ。
トロンビンとフィブリンが過剰生成され・・・云々。
(韓流のヒョンビンなら知っているけど、トロンビンは知らない・・・。)

常に血液が固まりかけているのに抵抗して
血液内の一部の成分が異常に少なくなって行くような・・・・感じかな。

普通は基礎疾患があって、そういう方向に向かって行くそうだが・・・。

高齢者なので、そういう状態になったのか?
肝炎の話が出ていたので、肝炎が原因でdicになったのか?
dicによって、肝臓が侵されたのか?

施設からは、いつ破裂するか分からないと言われたらしい。

義姉さんと話して、電話を切った後、妙に涙が溢れて来た。
よく分からないけど、悲しくなった。
別れが近づいたような気がしたからかな?

もう1回、検索して頑張って読んでみるさ・・・。



一昨日、雛人形の記事を書いたが、
月詠さんのコメントに返信する際、ど忘れをして悲しかった事がある。
かつて、歴史マニアだったのに、<束帯>という言葉が出て来なかった。

コメントの一部を抜粋して、更に詳しく語ると・・・。

三女の夫・ ケロシ君は、ウンチクを話すのも大好きだし、
相手が話すウンチクを聞くのも大好きである。

だから、家を建てるメーカーも、断熱係数と担当者のウンチクで決めたし、
今回の雛人形購入もウンチクで決めた。

たまたま、三女一家の新築の担当者は、その地区の営業の総括責任者で、
雛人形は、雛人形の卸屋の社長が担当したので、
ケロシ君の突っ込みに十分対応できたと思われる。

束帯の色を漠然と黄色とコメントに書いた。
萌黄色でも無いし、なんと語れば良いかと悩んだけど、黄色にしておいた。

調べると、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)というもので、
赤みがかった黄色みたい。

たぶん 長女夫婦は何にも考えないで、センスだけでチョイスしたんだろう。
三女がブログで、長女家の雛人形を見て、同じ天皇の即位の束帯を来ているので、
ショックを受けた~!っという話だったケロ。