FC2ブログ
忙しい毎日の連続で、今日、やっと更新出来た。

ぷちケロは、機嫌の良い日もあれば、悪い日もあり、
ちゃんと寝てくれる夜もあるが、逆もある。

今日の午後は、機嫌が悪くて最悪だったな・・・。

顔も、最後のブログには、従姉の 寅ちゃんに似ていると書いて終わったが、
その後、父親似になりつつある。


言っても信じてくれないだろうと前置きをして書くが、
生まれて2週間の ぷちケロだが、Oボールというオモチャで遊べる。
指で引っ掛けて、遠くへ転がす。
歌って欲しくて、抱いている人の頬を叩いて来る。

たま~に、孫と一緒にいると信じられない場面に出会う。

次女の子・ウニまろが8ヶ月半の頃、
「何やってんの!」「何やってんの!」「何やってんの!」と3回言った。
その場にいた やぼちんと 次女は非常に驚いた。
でも、その言葉を二度と喋らなかった。

そんな奇跡の様な事があったら、記録に残す。
これが重要なのさ。


スポンサーサイト
お歳暮のシーズンである。

娘達の嫁ぎ先の姑とも話す機会も多くなる。
その時、半年に1回の情報交換もする。

長女の夫・ ピコ殿の実家は、ピコ殿のお姉さん夫婦の子供が出来ないので、
息子の家の 寅ちゃんと 虎ピーの2人が孫である。

やぼちん家は5人・・・。

そういう事情が関係しているのか?
自分達が長男一家の面倒をみるので、お宅は何もしなくても良いという雰囲気。
帰国したら、住宅費や教育費まで全部出してまで、面倒をみたいようだ。

孫って数で分けるもんじゃないし、寅ちゃんや虎ピーにも、
ちゃんと思い入れがあって、それぞれ可愛いから複雑な心境になる。

そういう雰囲気を感じてか?
自ら希望して駐在を延長したと長女夫婦は言ってないようだ。
だから、その件に関しては濁しておいた。

「期間が5年とは決まってない。」とピコ殿が言っていると聞いた。
困ったもんである。

帰国したら、近くに住んで欲しい。
ダメだったら、今住んでいる自分の住居を売ってまで近くに行きたい。
共働きの長女夫婦を支えたい。
長女の舅・姑は夢いっぱいである。

自分のテリトリーをわきまえる事を知らないし空気が読めない姑。
正直、心配の種である。

次女一家・三女一家は、ある程度、心配しなくて良くなったが、
しばらく長女一家の心配は終えられないだろう。



ぷちケロを抱っこしていると不思議な気分になる。
前に、出会った事があるな・・・と。

そして、その正体が判明した。

        sCIMG5670.jpg
        こちら初孫のイギリスの 寅ちゃんの赤ちゃん時代
        sIMG_8661.jpg
        こちら ぷちケロ。

寝ている顔は、瓜二つなんだけど、たぶん ぷちケロは目の大きさは小規模だな。

今日 、 寅ちゃんから電話が来たので、この件を話し
「たぶん、目の小さな寅ちゃんみたい顔になるかもね。」と言ったら、

わざと寅ちゃんが細い目をして
「こんな顔かな?」と言うので、大笑いした。


泣き始めの「エッ、エッ、エッ。」という声もソックリ。
従姉妹というものは怖ろしいもんだ。



この2日間は、とても忙しかった。

金曜日の夜行バスに乗って、関西の 三女の姑がやって来たのだ。
夜行バスなので、午前7時50分にこちらの地方に到着した。

迎えに行った息子の ケロシ君と朝食を食べてから、
電車を2回乗り継いで<ど田舎シティ駅>に到着。
10時前に到着なので、 夫と やぼちんが駅まで迎えに行った。


それから、ずっと、 ぷちケロを囲んだひととき。
午前中は、ずっとぷちケロは寝たままだったが、夕方~夜は起きていたので
思う存分、初孫を堪能できたと思う。

今回、大変だったのは、食事の用意。
初日の土曜日は、昼食とお七夜の夕食。
2日目の今日はホテルで朝食だったので、うちでは昼食だけだったがね・・・。

近所のスーパーは惣菜・寿司・ベーカリーが美味しいので助かった。

初日の昼食は、
サンドイッチと大人っぽいウィンナーとナゲットとサラダ。
買って来た数種類のサンドイッチのパックをお皿に飾った。

夕食はお七夜。
寿司・お刺身・お頭付鯛・お赤飯は、前からスーパーに発注しておいた。
でも先付・前菜・煮物・お吸い物は自分で作ったよ。

<先付>長芋と豆腐の団子のだし掛け
<前菜>スモークサーモンのマリネ・ローストポーク(既製品)・卵焼き(既製品)・
      柿の生ハム巻き・海老と蓮根のはさみ揚げ
<煮物>里芋・鶏だんご・生椎茸・人参の煮物
<お吸い物>お魚団子2種のお吸い物(三つ葉のせ)

鯛をスーパーに取りに行ったら、小さい方の鯛を注文したのに
スーパーが発注を間違ったらしく、小さな鯛の価格で大きな鯛を買えた。

ぷちケロは強運である・・・。

        sIMG_8656.jpg

    sIMG_8671.jpg

三女の姑と夫・ケロシ君がホテルに行ったのは、夜の10時頃。
正直、長丁場で、本当にしんどかったわー。

そして、今日は朝10時半頃から ぷちケロのお守り。

昼食は、昨日のお赤飯が手つかずで、それも結構な量あったので、それを食べる事に。
また近所のスーパーに行き、中華3種セットとサラダ3種セットを
2つずつ買って来て、お赤飯に添えた。

姑と ケロシ君は午後2時の<ど田舎シティ駅>発の電車で帰って行った。
その後、古風市で高速バスに乗り、空港に行き、飛行機で無事に関西に帰って行った。
ケロシ君は、母親を見送った後、ガミラス県の自宅に帰った。

      sIMG_8669.jpg

近所のスーパーの美味しい惣菜・寿司・ベーカリーに助けられ、
何とか、今回のイベントは成功したのだった。





2018.11.29 大忙し!
キツ~イお産のせいで尿の感覚が分からなくなった 三女だが、
一昨日から尿管に繋がれている生活をしていた。

昨日の朝、尿管が取り外され、用を足した後、残尿の量を測られ、
大丈夫だったので、無事、退院できた。

人より巨大な膀胱が押されて、マヒしたらしい。
パンツの中、全てに被害が出たお産であった・・・。

昨日は、退院した ぷちケロに振り回され、軌道に乗せる為に頑張って
大忙しだった。


意味は違っているかも知れないが<人生万事塞翁が馬>?

長女は月経困難者で、毎月、酷い生理痛と量で苦労しているが、
  出産はすごく軽い。(病院に入ってから1時間の人)

三女は有るか無いかレベルの月経で楽をして来たが、
  出産はこの通り。(入院してから相当苦労し、4日目の昼過ぎ)

次女は、この中間かしらね?


人間、何が起きるか分からんねー。